アナリティクスで自分のアクセスを除外する2つの方法【アクセス解析】

アフィ子
ブログ立ち上げたんですけど、自分のアクセスばっかりで本当のアクセスがわかりません・・・。
さとやん
それなら、アドオンを入れるかIPアドレスの除外で、かんたんに自分のアクセスを除外できるよ!
アフィ子
え、そうなんですか?最初にやっておけばよかったー!!

1分で設定できるのでさっさとやっちゃいましょう。

 

【自分のアクセスを除外する方法】

 

①アドオンで除外する方法

アドオンで除外するのが一番簡単でおすすめです。

 

こちらからアドオンをダウンロードします。

=>Google アナリティクス オプトアウトアドオン

 

ダウンロードしたアドオンを有効化して対応完了。瞬殺です。

↓↓↓

↓↓↓

めっちゃ簡単ですけど、注意点あり。

 

対応しているブラウザは以下5種類のみです。

 

 

アドオンが対応しているブラウザ

・Chrome

・Internet Explorer 11

・Safari

・Firefox

・Opera 

さとやん
Windows10から標準ブラウザになった「Edge」が対応していないのは、ちょっとイケてないですね。。

 

このブラウザ以外で作業したい方は、このあとのIPアドレスでフィルタリングする方法で対応してください。

 

※ちなみにアドオンの方法は現時点ではスマホには対応していませんので、あくまでパソコンからのアクセス用と考えてください。

 

②IPアドレスのフィルタリングで除外する方法

Googleアナリティクスで自分のIPアドレスを除害設定するだけで対応できます。

 

まずは自分のIPアドレスを確認します。

=>CMANで自分のIPアドレスを確認

 

「123.123.123.123」みたいな数字があると思います。これがあなたのIPアドレスです。

 

アナリティクスで左下にある「管理」をクリック。

 

右のビューのメニューから「フィルタ」をクリックします。

 

「+フィルタを追加」をクリックします。

以下を入力します。

 

フィルタの設定

フィルタ名:(自分のIPアドレス)

フィルタの種類を選択:除外

参照元かリンク先かを選択します:IPアドレスからのトラフィック

式を選択します。:等しい

これを保存して設定完了です。こっちも簡単っちゃ簡単なんですけどね。

 

Wi-fiスポットでパソコン作業するときとかはIPアドレスが変わっちゃいますし、外注ライターさんのIPアドレスを聞き出してこちらで設定する必要があるので、ちょっとめんどいです。。

 

どちらの方法でもフィルタリングはできますので、お好きな方で設定してみてください。

 

以上、アナリティクスで自分のアクセスを除外する方法でした♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA