THE THOR(ザ・トール)実際の使用感を暴露レビュー!評判や口コミ情報も!【WordPress】

こんにちは。さとやんです!

今回はWordpressテーマTHE THOR(ザ・トール)』の使用感について暴露レビューをしていきます。

実際に使っているからこそわかる「THORのメリット・デメリット」を包み隠さずご紹介していきます。

(他のサイトとは違う切り口で評価しているので参考になると思います)

 

また、僕以外にもユーザーさんがどんな感想を持っているのかも気になるところ。ネット上の評判・口コミなども調査してみました。

THE THOR(ザ・トール)の購入を検討されている方はぜひ参考にしてください☆

 

・クールでおしゃれなサイトを作りたい人

・SEOに強いサイトを作りたい人

・余計なプラグインを入れたくない人

・便利機能が充実したテーマを探している人

・AMPやPWA対応のサイトを作りたい人

・表示速度にこだわりたい人

 

さとやん
さとやんのTHE THOR(ザ・トール)購入者向け特典をこちらで紹介しています!有料級の特典内容になっているので、興味のある方はぜひ見ていってください☆
関連記事

こんにちは。さとやんです!   今回はTHE THOR(ザ・トール)の購入者特典を紹介していきます。   僕のサイトからTHE THOR(ザ・トール)をご購入いただいた方に、こんなプレゼント特典を[…]

 

それではさっそくTHE THOR(ザ・トール)の基本情報から見ていきましょう。

THE THOR(ザ・トール)の基本情報

【THE THOR(ザ・トール)の基本情報】

販売元 株式会社FIT
価格 14800円(税別)
ライセンス 1ライセンスで複数ブログ使用可能
設定マニュアル あり(マニュアルサイト)
サポートフォーラム あり(会員登録制)

販売しているのは株式会社FITというところで、無料テンプレートのLINON BLOG(ライオンブログ)やLION MEDHIA(ライオンメディア)などを開発している会社です。

 

LION系テンプレートも無料のわりに機能が豊富でSEO対策もしっかりしていました。しかもAMP対応もしているという優れものです。THE THOR(ザ・トール)はこれの上位版ということになります。(デザインの雰囲気もよく似ています)

 

また、THE THOR(ザ・トール)は、1つライセンスを複数のブログで使いまわせるため、コスパが高いところがうれしいですね。

 

さとやん
ちなみにこれまで使ってたstorkは1ライセンス1ブログの縛りがあって、2個目のブログで使うにはライセンスもう一個買う必要があったんですよね。

 

設定マニュアルについてはPDFなどのドキュメントではなく、専用のWebサイトが開設されています。そこに各機能についてかんたんな操作説明が記載されています。

【THORのマニュアルサイト】

 

また、マニュアルを読んでもわからない場合、ユーザーフォーラムで質問することもできます。有料テンプレートでもこういったサポートがないものもあるのでありがたいですよね(^^

【THORのユーザーフォーラム】

こちらのフォーラムは有志の方々の協力で成り立っているようです。

 

技術肌の方々による対応になるので、初心者がろくに調べもせずに無邪気に質問すると「ヘルプを読んでから出直してください!」とバッサリ返されてしまうことがあるかもしれませんね(^^;

 

なので、質問する際は「過去に似たような質問がなかったか」とか「自分の設定が現在どういった状況で、何を行って問題が発生したのか」をしっかり説明してあげてください。

 

そうすればきっと詳しい方がやさしく教えてくれると思います☆

THE THOR(ザ・トール)の機能スペック

では続いてTHE THOR(ザ・トール)の機能面のスペックを見ていきます。

僕が重要視しているところをとりあえずさっと一覧にまとめてみましたので、まずはサラッと読んでみて下さい♪

SEO対策 これまでプラグインで指定していた機能がすでに盛り込まれている。記事単位にタイトル、メタディスクリプションが指定可能で、「noindex」「nofollow」「noSnippet」「noarchive」も指定可能。
レスポンシブ対応 対応済み(PC、スマホ、タブレット)
デザインテンプレート デモサイトにある9種類から選択可能。
セキュリティ対策 簡易的な機能のみ。メールアドレスとパスワードでログインするように変更可能。
キャッシュ機能 あり(htaccessを使ったブラウザキャッシュ)
AMP対応 対応済み(レイアウト崩れはほぼなし!)
PWA対応 対応済み(レイアウト崩れはほぼなし!)
Googleアナリティクスとの連携 あり(トラフィックIDの設定で連携可能)
サーチコンソールとの連携 あり(認証IDの設定で連携可能)
Googleアドセンスとの連携 あり(ただし広告表示箇所の自由度は低い)
装飾アイテム(マーカーやボックス、その他便利パーツなど) 約500種類
絞り込み検索機能 あり(キーワード、カテゴリー、タグの複合条件で検索可能)
カルーセルスライダー機能 あり(ランダム/カテゴリー/ページ指定などで表示制御が可能)
お問い合わせ機能 あり(プラグイン不要で内部テンプレートを指定するだけ)
ランキング機能 あり(タグを使ったきれいなランキングが作れる)
記事一覧ページ機能 あり(プラグイン不要で内部テンプレートを指定するだけ)
スクロール追従機能 あり(ウィジェットで設定するだけ)
人気記事表示機能 人気記事をアイキャッチ付きで表示可能
新着投稿表示機能 新着記事をアイキャッチ付きで表示可能
CTA機能 あり(記事下やフッターに挿入可能)
目次表示機能 あり(投稿ページ、固定ページそれぞれで表示・非表示を制御可能)
SNSボタン表示機能 あり(Facebook、Instagram、Twitter、Google+、YouTube、Linkedln、Pinterest、RSSに対応)
高速化対応 あり(HTML圧縮、CSS・画像の遅延読み込み機能)
ウィジェット 独自ウィジェットは10種類。
ウィジェット領域 ウィジェットを設定できる箇所は10種類。
ランディングページ作成機能 あり(タイトル、サイドバー、フッターなしのLPが作れる)

これを見ていただいただけでも、機能面でかなり優秀なテンプレートであることがわかると思います。SEO対策や・レスポンシブ対応などは当たり前。

 

これまでプラグインで実現してきたことがほとんどテンプレートに備わっていたり、高速化対策やブログパーツが豊富に含まれています。

 

ここからは、THE THOR(ザ・トール)のメリットについてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

THE THOR(ザ・トール)のメリット(いい点)

プラグインのインストールは8種類だけでOK

THE THOR(ザ・トール)はテンプレート自体にたくさんの機能が備わっているため、プラグインのインストールがかなり少なくて済みます。

持っている機能を考えるとプラグインは8個だけで十分ですね。

 

こちらの動画で詳しく説明していますので、よかったら見てみて下さい↓

 

プラグインが少なくて済む、というのは目に見えない部分でかなり効いてくるメリットです。大きくこんな2つのメリットがあります。

➀表示スピードが速くなる

プラグインは小さなプログラムなので、入れれば入れるほど処理が重くなり、ページの表示速度が遅くなってしまいます。

 

逆に最低限のプラグインのみだと、読み込む情報が少なくて済むため、表示スピードがアップしてSEO的にもユーザビリティ的にもいい効果があるというわけですね。

➁プラグイン同士の干渉リスクが減る

もうひとつはプラグイン同士の干渉問題です。プラグインをたくさんのインストールすると、お互いのプラグラムが干渉しあって不具合が出ることがあります。

 

具体的には、各プラグインが正常に動作しなくなったり、画面レイアウトが崩れたり、わけのわからないエラーメッセージが画面に表示される、といった現象ですね。

 

こうしたことを避けるため、プラグインをなるべく減らしてWordpressをシンプルに保つことがリスクを抑える上で大事になってきます。

 

さとやん
プラグインはもともと世界各国の有志の方が各々の思いで作ったソフトなので、他のプラグインとの相性までは考慮されていないんだよね。
アフィ子
たくさん入れすぎてました。。プラグインを減らしてスッキリさせるようにします。

お決まりの機能がすでに揃っている

ブログ構築してまず最初に作るページといえば「お問い合わせフォーム」と「記事一覧ページ」ですよね。以前はこの2つは「Contact Form 7」、「PS Auto Sitemap」をいう有名なプラグインを使って作っていました。

 

でもTHE THOR(ザ・トール)は、すでにこの2つのページをテンプレートとして用意してくれています。固定ページを作成する際、こんな風にテンプレートを指定するだけで「お問い合わせフォーム」と「記事一覧ページ」を作成できてしまうんです。

 

 

このブログで実際に作成したお問い合わせフォーム記事一覧ページを確認してみて下さい。たったこれだけの操作でしっかりとできています(^^♪

 

ちなみに「LP用TPL」というランディングページ用のテンプレもありますが、これもときどき使っています。ブログタイトル/記事タイトル/サイドバーが非表示になったランディングページを作成することができます☆

クールなデザインと豊富なカスタマイズ性

THE THOR(ザ・トール)はデザインがとってもクールでスタイリッシュです。

 

クール系の有料テンプレートはいくつか知っていますが、THE THOR(ザ・トール)より洗練されていてカスタマイズ性に優れている有料テンプレートはないですね。

 

ヘッダーやフッター、メインビジュアルや見出しのデザイン、そして装飾パーツなど、細かいところまでよく作りこんであってカスタマイズの自由度も高いです。

デザインをおしゃれにカスタマイズする方法について、こちらの動画で紹介しました↓

 

でも、中には「設定項目が多くて一からやるのが面倒かも・・・」という方もいらっしゃると思います。

 

そんな人向けに、着せ替え機能が9種類も用意されているので、必要な箇所だけを変更すればすぐにプロっぽいサイトが作れてしまいます♪

(ただし着せ替え機能を適用後、そのままブログを書くことはできず、画像やレイアウトを少し調整する必要があります)

 

余談になりますが、Wordpressテンプレートのジャンルは大きく「かわいい系」「オシャレ系」「クール系」の3種類に分かれると思っています。有名どころの有料テンプレートについて、僕の中での位置づけはこんな感じです↓

僕の中でTHE THOR(ザ・トール)のデザインはクール系の先端にいる印象ですね(^^♪

 

最近では優秀な無料テンプレートも多数ありますが、あえて有料テンプレートを選ぶ理由の一つとして「直感的に好きかどうか」は大事にした方がいいです。その方が自分のブログに対して愛着が持てますからね。

ランキング機能がきれいで使いやすい

THE THOR(ザ・トール)の目玉機能の一つとして、「ランキング機能」というものがあります。たった1行のショートコードを貼り付けるだけで、こんな感じのランキングを作れちゃいます。

 

こちらの動画で実際にランキングを作ってみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。めちゃくちゃカンタンに作れますしメンテナンスも楽チンですよ(^^♪

アクセス解析ツールとの連携がかんたん

THE THOR(ザ・トール)はGoogleのアクセス解析ツールである「Googleアナリティクス」「サーチコンソール」とかんたんに連携できるようになっています。

 

これまで「All in one SEO Pack」や「Google Analytics by Monsterinsights」、「 Google Analytics Dashboard Plugin for WordPress by MonsterInsights」といったプラグインを使って連携していた方も多いかと思います。

 

でも、THE THOR(ザ・トール)は「トラッキングID」と「サーチコンソール認証ID」をコピペするだけで連携可能です。この手軽さはうれしいですね。

このメリットと合わせて、THE THOR(ザ・トール)には記事単位にSEO対策(メタタイトル、メタディスクリプション、index指定)ができます。これによって、これまで必須といわれてきたプラグイン「All in one SEO Pack」のインストールが不要になります。

 

さとやん
All in one SEO Packは結構重たいプラグインなので、インストールしなくて済むのは大きいです!

装飾アイテムはたっぷり500以上もある

THE THOR(ザ・トール)には、装飾パーツ(マーカーとかボックス、アイコンなど)が500種類以上用意されています。正直こんなに数はいらないのですが、選択肢が多いのはいいことですね(^^;

 

 

ブログのイメージに合わせてアイテムやカラーを使い分けてみて下さい。(使っていくうちに数個程度に絞られてくると思います)

 

また、プリセットパーツと呼ばれる、あらかじめ出来上がったアイテムも用意されていて、ボタン一つでオシャレな装飾が挿入できます。

 

例えば口コミボックスではこんなものがあったり・・・

THE THORの口コミ

東京都:山田 花子(30歳・女性)
デザインがとてもきれいで気に入ったので、私の経営するフラワーショップのホームページに使っています。最初はわからないことが多かったですが、使っていくうちにいろいろな機能を試せるようになりました!


東京都:山田 太郎(20歳・男性)
ブログのリニューアルを兼ねてTHE THOR(ザ・トール)に変更しました。表示速度がずいぶん早くなったと感じています。

 

レビューボックスも揃っています。こういった便利パーツがたくさん用意されていますので、ぜひいろいろと触ってみて下さいね!

THE THORのレビュー結果
N.Sさん

評価:5知人にすすめられて購入しましたが、機能面・デザイン面・サポート面がすべて充実していて大変満足しています。使えていない機能がまだまだあるので、勉強していきたいと思います。

 

さとやん
吹き出し機能も付いているので、これまで「Speech Bubble」や「Word Balloon」などを使っていた方もプラグイン不要で作れちゃいます♪

 

AMP対応でレイアウト崩れがない

あと、忘れてはいけないのがTHE THOR(ザ・トール)がAMPに対応している数少ないテンプレートであるということです。

 

AMPというのはGoogleとTwitterが共同開発したプログラム言語で、かんたんに言うと「スマホでアクセス時にWebページを爆速で表示できる機能」のこと。

 

スマホでGoogle検索すると、ときどきこんな風に「稲妻マーク」がついているページがあるはずです。このページをクリックすると通常のページよりもはるかにはやくページが表示されます。

 

AMPでは複雑なスタイルやアニメーションは利用できないため、AMPページを生成すると元のページレイアウトが大きく崩れてしまう場合があります。

 

使われている画像が大きくはみ出してしまったり、中央寄せが左に寄ってしまったり、そもそも画像や装飾が一切表示されなかったりするわけです。

 

でも、THE THOR(ザ・トール)の場合、レイアウトがほとんど崩れることがありません。

 

こちらの動画でAMP時の画面表示を実際に試してみましたので参考にしてみて下さい。

表示速度が速い

THE THOR(ザ・トール)は他のテンプレートと比較して表示スピードがかなり優秀なことがわかっています。

=>WordPressテンプレートを13選のスピード比較してみた!

 

こちらはGoogle推奨の表示速度を検査するツール「PageSpeed Insights」で測定した結果です。

 

「機能が少ない」とか「デザインが簡素」なら高速である理由はわかります。でもTHORは機能数がめちゃくちゃ多くてデザインもきれいなのにこの速度なんです。

そこがすごいところですね♪

 

THE THOR(ザ・トール)のデメリット(悪い点)

ここまでTHE THOR(ザ・トール)のメリットについて紹介してきました。しかし、残念ながらいいところばかりではありません。

直感的に操作がわかりづらい

慣れの問題もあるかと思いますが、THE THOR(ザ・トール)にはところどころ直感的に操作がわかりづらいところがあります。

例えば、ボックスのサブタイトルを入力するところ。

 

通常、ボックスのサブタイトルはサブタイトル部分に直接文字を入力したいと考えますが、THORではそれができません。

 

実際は「サブタイトル編集」ボタンをクリックして、ダイアログにサブタイトルを入力する必要があります。

 

これでようやくサブタイトルが入力されました。

 

最初、この操作を理解するのに数十分かかってしまいました。。ちゃんとマニュアル読めよ!って話なんですが、元SEの立場からするとそこは直感的操作ができると嬉しいんですよね(^^;

 

もう一つ直感的にわかりづらかった具体例をお話ししますね。

 

アイコンの挿入時ですが、右の方に「アイコン挿入」のボタンがあります。僕の中では、これをクリックするとアイコンのリストがズラーっと表示されて、選択すると→アイコンが挿入されるイメージでした。

 

しかし実際はダイアログボックスが表示されます。ここに何を入力したらいいの・・・??ってなりますよね。

 

実は左上の方に「アイコンオプション」というボタンがあります。これをクリックすると・・・

 

アイコンの一覧が表示されます。そして、挿入したいアイコンのコードをコピーしておく必要がありました・・・。

 

それを先ほどのダイアログボックスに貼り付けてOKを押すと・・・

 

ようやくアイコンが挿入されるわけです。2つのボタンを行き来する操作って直感的じゃないですよね・・・?

 

この他にも使っていていくつかわかりづらい部分がありました。慣れてしまえばそれまでの話ですが、最初はちょっと操作がしづらいように感じます。

 

機能が多すぎて迷子になる

WordPress初心者の方で、THE THOR(ザ・トール)でブログを始めるという方は、その機能の多さに面食らってしまうかもしれません。

 

カスタマイズ性が高いということなんですが、正直初心者にはやさしくないですね。では設定項目がどのくらい多いのか実際に見てみたいと思います。

 

こちらはTHORの機能をXmindにまとめたものです。

もう何が書いてあるかわからないですよね(^^; これでもまだ全体が入り切れてません。

 

この設定項目の多さは、初心者のみならず中上級者でも迷子になりかねないボリュームです(実際僕もだいぶさまよいましたw)。

このカスタマイズ性がメリットと呼べるようになるのは、しばらくブログを運営していった後になりますね。

 

初心者が設定で迷子にならないように、18本(200分超)の動画マニュアルと機能一覧のエックスマインドをプレゼントしています。

よかったら見てみて下さいね☆1回やってしまえば、あとは慣れだと思います。

=>【さとやんの3大特典】THE THOR(ザ・トール)の完全解説動画マニュアル18本(200分超)!

SiteGuardが使えない

続いてのデメリットはセキュリティ対策のこと。

 

僕がWordpressのセキュリティ対策で絶対の信頼を置いているプラグイン「SIteGuard(サイトガード)」というのがあるんですが、THE THOR(ザ・トール)ではこれが使えません。。(2019年12月時点)

 

SiteGuardは数少ない日本製のセキュリティ系プラグインで、ひらがな入力によるログイン認証強化や、ログインURLの変更、スパム対策、更新通知など、総合的なセキュリティ対策が行える優秀なソフトです。

 

が。THE THOR(ザ・トール)ではこれが非推奨プラグインとして挙げられているんですね。

=>公式ヘルプ(相性の悪いプラグイン一覧)

 

 

会員フォーラムを確認してみると、同様のエラーで困っている人が質問を投稿していました。「画像の一部が表示されないことがある」とのことでした。

 

自分の場合はこの現象はなかったのですが、プラグイン有効時にパスワード保護ページで404エラーが発生してしまう問題があったので適用を断念しました。

 

まぁ、スパム対策についてはAkismet Anti Spamで対応し、認証強化はTHE THOR(ザ・トール)のメールアドレスログインとかにしておくしかないかなぁと。

 

別途何かいいプラグインが見つかったら更新しますね。

広告表示の自由度が少ない

3つ目が広告表示の自由度が少ないことです。

 

THE THOR(ザ・トール)で広告を設定できるのはこの3箇所のみです。

①最初のH2の上

②記事下のダブルレクタングル

③過去記事に紛れ込ませるインフィード広告

 

僕の場合、投稿記事の各H2見出しの上に広告を配置したいのですが、THOR(ザ・トール)ではそれができません。

 

報酬の伸びに直結してしまう問題なので、僕はこれを「Advanced Ads」というプラグインで解決しています。これを使うとほぼどんな場所にも自由に広告設置ができるんですよね。

 

また、Googleが力を入れているAMP(Accelerated Mobile Pages)というスマホで高速表示する技術があるのですが、Advanced Adsを使えばAMPでも自由な箇所に広告設置できることがわかりました。

 

設置のやり方については特典動画に追加しましたので、よかったらどうぞ。

=>【さとやんの3大特典】THE THOR(ザ・トール)の完全解説動画マニュアル18本(200分超)!

 

ウィジェットの配置箇所が少なめ

THE THOR(ザ・トール)はウィジェットの配置箇所は多くないです。数えてみると全部で10個だけでした。

 

トップページ上部エリア

トップページ下部エリア

投稿ページ上部エリア

投稿ページ下部エリア

メニューパネル

サイドバーエリア

追従サイドバーエリア

フッターエリア(左)

フッターエリア(中央)

フッターエリア(右)

 

PCとスマホで表示を分けたい場合や、タイトルの上や下にCTAを配置したい、トップページだけ別途特別なウィジェットを設置したい、といった細かいカスタマイズはできないようです。

 

あまりごちゃごちゃ設置と設置するのはよくないですが、ウィジェットの配置場所が多いとそれだけ自由度が増します。

 

THE THOR(ザ・トール)の場合はそれが少し寂しい気がしましたね。

 

ということで、以上THE THOR(ザ・トール)のデメリットでした。

THE THOR(ザ・トール)の口コミや評判は?

ここまでは僕個人の評価や感想をお話してきました。長々と読んでいただきありがとうございますm(__)m

 

ではここからはネット上での口コミや評判についてみていきたいと思います。みなさん、どんな感想を持ってるんでしょうね。

 

いい口コミ・悪い口コミそれぞれまとめてみましたので、僕のコメント付きで紹介していきます。

 

THE THOR(ザ・トール)のいい口コミ

ではまず最初にいい口コミ評価から紹介していきます。

さとやん
僕も速度の違いはかなりあると感じています。実測しましたが早いですよ♪

 

さとやん
便利な機能がたくさんあって使いこなせばかっこいいブログがかんたんに作れちゃいますね!

 

さとやん
シンプルなテンプレを使うのも選択のひとつです。THOR使う人は使い込みたい性格の人ですね!

 

さとやん
JINもかわいいデザインでブロガーさんには人気ですね。THORは完全にクール系です。

 

さとやん
その意気やよし!高い買い物なので使わなきゃ損です☆

 

さとやん
THORはソースはきれいに出ますね。無駄なタグが入っていると速度も遅くなります。

 

さとやん
デザインテンプレートもかっこいいのが揃ってるので、着せ替えを使えばかんたんに本格デザインが完成します♪

 

THE THOR(ザ・トール)の悪い口コミ

ネット上ではいい口コミだけではなく、残念な口コミも散見されました。そちらも紹介しておきますね。

 

さとやん
公式サイトのマニュアルは意見が分かれるところですね。僕も初期セットアップとしてはわかりづらいと感じました

 

さとやん
設定が多すぎて苦戦する方が多いですね。触らなくていい箇所が多いんだけど、それがどこかわからないという。。

 

さとやん
確かに僕も最初は戸惑いました・・・。

 

さとやん
WordPress初心者はTHORのインストールにも躓いちゃうかも。ダウンロード方式も少し変わってますし。

 

ということで、設定が難しい・・・という意見が圧倒的多数でした。これに関しては慣れなので、一度いじり倒せば大丈夫です(笑)

 

僕が18本の動画で徹底解説している動画マニュアル(180分)を見ていただければ、「設定のやり方がわからない・・・」というデメリットはすべて解消できると思います!

特に初心者の方はぜひ手に取って参考にされてください。

=>【さとやんの3大特典】THE THOR(ザ・トール)の完全解説動画マニュアル18本(200分超)!

 

まとめ

今回はWordpressテンプレート「THE THOR(ザ・トール)」についてレビューをしてみました。

 

性能面、機能名、デザイン性すべてにおいて非常に優れている優良テンプレートなので、購入しても損はないと思います。

 

これからブログを始める方や、かっこいいデザインのテンプレートを探している方はぜひ試してみて下さいね!

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました(^^