習慣を強制的に作れる神アプリ発見!集中力が続かない人にもおすすめ!

習慣化をサポートしてくれる神アプリを見つけたので紹介します。集中力アップにも効果がありますので、ぜひ参考にしてください♪

 

【動画をアップしました】

 

記事作成でも筋トレでもダイエットでもそうですが、結果に結びつくかどうかは「習慣作り」にかかっています。

 

最初はきついですが、一度習慣になってしまえばあとは習慣に身を任せるだけで継続できます。

 

ロケットに例えるなら、発射から大気圏突入まではめちゃくちゃ大変だけど、大気圏外に出ちゃえば無重量でらくらく進める♪のと同じですね。

 

僕らの課題は最初のつらい数日~数週間をどうやって乗り越えるか!?ということなんです。

 

で、僕らがよくやってしまうのが、この最初のしんどい立ち上がりを「意志の力」とか「モチベーション」で取り組んでしまうということ。

 

「うぉーー!今日もがんばるぞ!!!」「絶対に達成してやる!!!」みたいに。

 

もちろん、きっかけとしてはこういった気持ちは大事ですが、意志やモチベは着火剤にすぎません。

 

ボォーーっと一気に燃えてすぐになくなってしまうんですよね・・・。

 

じゃあ、どうやって習慣作りをすればいいのか、ってことですが。

 

習慣を作りに最も大事なのは「環境」です。

継続できる環境に身を置ければ強制的に習慣は身につくんですよ。

 

環境にもいろいろとあって、コミュニティに参加して人と競い合うとか、ツイッターで作業日報を宣言するのも環境づくりの一種です。

 

この方法もいいんですけど、人目をかりずにコッソリやりたい・・・という方もいますよね。(僕もそのタイプです)

 

そんな方におすすめなのが、今回紹介する

ルーチンタイマー

というスマホアプリです。

 

これ、シンプルながらめちゃくちゃよくできていて、もはや手放せないアイテムになっています!

 

要するにストップウォッチのような「タイマーアプリ」なんですが、タスクと絡めて使えるので、強制的に作業をやらざるを得ない状況に身を置けるわけです。

 

また、作業に時間制限を設けることで集中力もアップして一石二鳥。

 

世の中にはすばらしいアプリを開発してくれる人がいて本当に感謝ですねm(__)m

 

ということで、今回は「ルーチンタイマー」の紹介と使い方について説明していきます!

 

無料で使えるアプリなので、みなさんもぜひ使ってみて下さい。絶対気に入ると思いますよ☆

・ルーティンタイマーの使い方を学べる

・習慣作りの環境が整う

・作業に集中できる環境が整う

・時間管理能力が養われる

ルーチンタイマーってどんなアプリ?

ルーチンタイマーにはこんな機能があります。

・作業に時間制限を設定できる

・作業をグルーピング(ルーチン化)できる

・音声読み上げでナビゲートしてくれる

・ルーチンのスケジューリングができる

 

こちらがルーチンタイマーの画面です。例えば僕の場合、こんな風にタスクのグループ(=>ルーチン)を作っています。

 

「朝のルーティーン」というルーチンの中に「起きる」とか「着替え」などの個々の作業があって、それぞれに時間設定がされていますね。

(発音を統一できてなくてすいません(^^;)

 

1分以内に起きて、次に3分以内に着替えて・・・という流れで進めていき、最後は18分の瞑想をしてこのルーチンは終了です。

 

こんな感じで、僕は他にもルーチンを2つ作っています。「記事作成」と「インプット」です。

 

ルーチンを開始するときは、右にある再生ボタン「▶」をタップするだけ。朝のルーティーンの場合、一つ目の「起きる」のタイマーが始まります。

 

作業が予定よりも早く終わってしまった場合には「>」マークをタップして次の作業に進めることもできます。(間に合わなければ「<」で戻ることも)

 

最後まで作業が完了すると終了です。

 

ルーチンタイマー音声ガイダンス機能がついていて、

今から1分間、『起きる』を始めて下さい

とか

残り〇〇秒です

みたいに読み上げで教えてくれます。

いちいちスマホに目をやらなくてもいいので、これもありがたい機能です。

ルーチンタイマーを使ってみよう!

では早速アプリを使ってスケジュール設定までやってみましょう。

 

手順はたったの3ステップです。

①ルーチンを作成する

②個々の作業を作成する(名前と時間)

③ルーチンをスケジューリングする

 

アプリはiOS版とアンドロイド版の両方でリリースされています。お使いの端末に合わせてダウンロードしてください。

 

【ルーチンタイマー】

->iOS版のダウンロード

->Android版のダウンロード

 

ではまず、新しいルーチンを作成します。右下の「+」をタップしてください。

 

ルーチンに名前を入力して、作業のところをタップします。今回は「筋トレメニュー」を作成してみます。

 

作業の名前は「腕立て」として所要時間を設定し、「完了」をタップします。

 

腕立てと同じ要領で「腹筋」「背筋」「スクワット」を追加してみました。終わったら右上の保存をタップして、グループの作成は完了です。

 

あとは、これをスケジューリングしてみます。ルーチンの画面に戻って、「通知(ベルのマーク)」をタップします。

 

時間を設定して、「有効にする」をオンに変えましょう。そして「曜日で繰り返す」をタップします。

 

ルーチンの対象曜日を選択します。今回は毎日やる設定なので、すべてチェックを入れました。保存すれば完了です!

これで毎日10時からの筋トレメニューがスケジューリングできました。

 

ちなみに、一度作成したルーチンはコピーして別のルーチンを作ることができます。

 

ルーチンを左にスワイプするとコピーのマークが出てくるので、これをタップするだけです♪

メチャクチャ簡単ですよね(^^♪

使いやすいアプリというのは本当にシンプルです!

ルーチンタイマーを実践して期待できること

自分の意志やモチベーションだけで立ち向かおうとしていた習慣化も、こんな感じで環境を作ってしまえばできそうですよね。

 

ルーチンタイマーには習慣化をサポートするほかに2つの効果があると思っています。

 

一つ目は集中力アップの効果です。

 

各作業に時間制限があると、人はそれをゲームと捉えます。これにより普段よりも集中力が高まるんです。

 

実際に使ってもらうとすぐに体感できると思います。

 

もう一つは時間管理能力のアップです。

 

これまでなかなか時間通りに作業を進められなかった、という人は、そもそも自分がどの作業に何分かかるかを把握できていなかったのではないでしょうか?

 

でも、こうやって作業を細分化して時間制限をつけることで、実際の自分の作業スピードが見える化しますよね。

 

ルーチン1つの時間が合ってくれば、その作業を1日に何セットできるのかも計画できるようになるはずです。

 

要は時間管理の達人になれるわけですね☆

 

ちなみに僕の場合、朝の瞑想習慣にルーチンタイマーを使っていますが、時間管理はバッチリできていますよ。

 

僕は朝が苦手な人間でしたが、これからはもっと朝活に積極的に取り組めそうです(^^♪

まとめ

今回は習慣化をサポートするツール「ルーチンタイマー」を紹介しました。

 

冒頭でもお話ししましたが、成果を出すために僕らが一番のネックとしているのは習慣化までの道のりです。

 

ここが攻略できてしまえば、勉強もビジネスもダイエットも筋トレも思いのままになってしまいます!

 

今の時代、いろいろ便利なアプリが出ていて僕らは本当に恵まれていますよね。

 

こういったツールをうまく活用して、習慣化のための環境を整えていきましょう!

 

【追記】

ちなみに僕は朝のルーティーンで、アラームとしても使用しています。

僕は通知音を大きくするだけで起きれていますが、それだけだと起きれない・・・という方はアラームと併用するといいですね☆