やよいの青色申告オンラインの実際の使用感は?操作性とサポートを暴露レビュー!

今回はやよいの青色申告オンラインの感想・レビュー記事です。簿記知識ゼロ/青色申告初挑戦の僕がソフトを使った率直な感想をお伝えしていきます。

こんにちは、さとやんです!

 

先日、人生初の青色申告してきました。脱サラ後、最初の確定申告でなんだか身が引き締まる思いでしたよ(^^)

 

で、今回書類の作成に使用した「やよいの青色申告オンライン」がかなり使いやすかったので、いいところ・悪いところそれぞれ正直ベースでレビューしてみたいと思います。

 

ちなみに僕は簿記に関してはド素人レベル。「帳簿って何?食べれるの・・・?」っていうくらい知識がありません^^;

 

同じように知識が乏しくて不安に思っている方には参考になる記事だと思います。

 

数ある会計ソフトの中から「やよいの青色申告オンライン」を選んだ理由は、僕の中でなんとなく「会計といえば弥生」みたいなイメージがあったから。

 

アフィ子
単なる先入観ということですね。

 

さとやん
まあ、そうだね(笑)今の会計ソフトはどれも使いやすそうだったし、それならブランドで選んじゃえ、って感じで。

 

PCにインストールするタイプもありましたが、そっちは確定申告以外にも会計全般の機能をもっていて機能を持て余しそうだったので、青色申告だけできるクラウド版を選びました。

 

ということで、青色申告オンラインの使い勝手やサポートが「実際どうだったのか」について詳しく紹介していきます。

 

少し長くなりますが、体験ベースでガッツリお話ししていきますので参考にしていただければと。

 

青色申告が初めての方、簿記レベルゼロの方、そして会計ソフトで悩んでいる方は、ぜひぜひ最後まで読んでいってくださいませ。

・やよいの青色申告オンラインの操作性/サポート

 

やよいの青色申告オンラインの基本情報

まずはサラッと製品の紹介をしておきます。やよいの青色申告オンラインには大きく3つのプランがあります。

※無料体験プランについては確定申告書類が作成できないため、この記事では説明を省いています。

さとやん
雰囲気を試してみるだけなら無料プランで一度試してみるのもアリだと思います。
<やよいの青色申告オンラインのプラン>
セルフ ベーシック トータル
料金 8000円
(初年度無料)
12000円
(初年度6000円)
20000円
(初年度10000円)
取引入力
確定申告書類の作成
銀行・カード口座との連携
レシートの読み込み
取引・残高/損益/貸借レポート
サポート(メール・チャット・電話)
業務相談

見て分かる通り、機能については全く違いがありません。違うのはサポートの有無とその範囲だけです。

 

・セルフプラン
⇒サポートなし

・ベーシックプラン
⇒ソフトの使い方に関する質問だけ

・トータルプラン
⇒業務に関する相談も可能

僕は完全なるシロウトだったので、サポートは必須と考えてベーシックプランにしました。

 

トータルプランとで迷いましたが、あとからでもプランの変更はできるので、必要ならグレードアップすればいいかなーといった感じで。

 

さとやん
会計の知識がある方や過去に青色申告したことがある方はセルフプランでもいいかもしれませんね。

 

トータルプランとの違いである「業務に関する相談」というのが、どこまでの線引きなのかあいまいなまま申し込んでしまいました。

 

でも結果からいうと、ベーシックプランでもかなり業務相談に乗ってもらえたと思っています。それについてはこのあとのサポートの感想で詳しくお話しますね。

 

ひとまずここでは、一番のおすすめはベーシックプランであるとだけお伝えしておきます☆

確定申告の書類が出来上がるまでの流れ

今回、確定申告書の作成完了までにやったことは以下の通りです。

 

①初期設定(10分)

↓↓↓

②SMART機能を使って口座の取引情報を取得(60分)

(銀行口座×2、クレジットカード×2でデータ数は622件)

↓↓↓

③②の取り込んだ情報の仕分け(90分)

↓↓↓

④かんたん取引入力で現金の取引を入力(60分)

↓↓↓

⑤レポート(残高試算表)でチェック&修正(30分)

↓↓↓

⑥確定申告書類の作成(30分)

↓↓↓

完了

 

トータルで310分(=5時間ちょっと)かかったことになります。ここにサポートデスクとのチャットの時間は含んでいません。

 

アフィ子
データの件数622件てめちゃくちゃ多いですね!そんなにいろいろ購入したんですか?

 

さとやん
僕は事業用と個人用の口座を分けてなかったから、プライベートな取引分がかなり大量にあったんだ(^^;

 

アフィ子
やっぱり口座はわけといた方がいいんですね。あとはデータの仕訳に時間がかかった感じですね。

 

さとやん
銀行から取得したデータが思った通りの科目に仕分けられていない場合があるので、その修正とかが少し大変だったね。あとは現金の取り引きは手入力だったから地道にコツコツと・・・。

 

時間はかかりましたが、はじめての青色申告であったこととデータの件数を考えれば、まあこんなものかなーと思っています(^^;

 

前置きが長くなりましたが、ここからが本題。上で紹介したそれぞれの作業ごとに、ソフトの使い勝手はどうだったのか?をお話していきます♪

やよいの青色申告オンラインの「操作性」の感想・レビュー

初期設定の感想|特に迷いなく!

やよいの青色申告オンラインを起動すると、初期設定の画面が開きます。

あとはナビに従って数画面の設定を進めていくだけだったので、特に迷うところはありませんでした。

出てくる質問は、

「はじめてかどうか?」

「令和〇年分か?」

「消費税を支払う対象かどうか?」

を選択するだけです。

(⇒消費税は年間所得が1000万円を超える場合に納税します)

 

その後ホーム画面が表示され、右上にある「かんたん解説サイト」に従って残りの初期設定作業を進めていきます。

この「かんたん解説サイト」は操作キャプチャ入りでひとつひとつわかりやすく説明があるので、ここも特に迷うことなく進められと思います☆

SMART(銀行講座連携)の感想|一部連携できない口座も?

初期設定が終わったら今度は1年分の取引データを入力していきます。

でもこれをひとつひとつ手入力でやっていたら、いつになるかわかりませんよね(^^;

 

そこで、やよいの青色オンラインには銀行やクレジットカードの口座と通信を行って取引データを一気に取り込んでくれる「SMART(スマート)」という機能があります。

 

アフィ子
スマートに入力できるからってことですかね?
さとやん
たぶん。

 

銀行口座に認証を行うと自動的に連携がはじまり、1分程度で1年分のデータが画面に表示されました。

↓↓↓↓↓↓

これはかなり便利で感動しました!僕の場合データが全部で600件以上あったので大助かりでしたよ(^^

 

データを取り込むと、ソフトが自動的に「科目の振り分け」を行ってくれます。

 

アフィ子
科目の自動振り分けって何ですか?会計ソフトが何かしてくれるんですか?

 

さとやん
SMARTではデータ取り込み時に取引の記載内容を見て科目の推測を行ってくれるんだ。

 

例えば、購入品が「Amazon キーボード」だった場合、自動的に「消耗品費」に仕訳してくれる、みたいな感じですね。

 

でも、すべての仕分けがユーザーの思い通りにいくわけではなく、変な振り分けをしてしまう場合も多々あるんです。

 

例えば、懇親会の居酒屋の名前が「ウォーターサーバー」という名前だった場合、本来は「会議費」としてほしいところを、「サーバー」から判断して「通信費」にしてしまう、といった感じで。

 

取り込みは楽にできるけど、その後はユーザーが目で見て修正をしていく必要があるということです。

 

さとやん
これはどの会計ソフトでもいっしょです。この手間が省けると最高なんですけどね・・・(^^;

 

まぁ、それでもざっくりと登録だけはしてくれるので、あとはチマチマと修正をしていけばいいだけです。

 

ただし、ここでひとつ注意点があります。

 

それは、一部取り込みを行えない銀行やクレジットカード会社があるということ。

 

2020年現在、画像をパズルのように合わせる認証方法をとっている口座は対応ができていないようです。

 

やよいの青色申告オンラインで対応している銀行とクレジットカードはこちらで確認できます。

=>口座自動連携ツール 対応金融機関一覧

 

利用する前に自分の銀行・クレジットカードが対応しているかを一度見ておくようにしましょう。

 

ちなみに僕の場合、ジャックスカードが対応しておらず、仕方なくCSVファイル取り込みで行いました( ノД`)

(やり方についてはまた別途記事をアップします)

 

パズル認証を採用している金融機関は年々増えてきていますので早めに対応してほしいところです。ここはちょっとマイナスポイントかなー(^^;

仕訳入力(かんたん取引入力)の感想|補助機能は便利だが一括置換がないのが残念

銀行とクレジットカードの取り引きを登録した後は、現金で買い物した取引の入力です。

 

さとやん
銀行やクレジットカードで支払った分はSMARTで取りこぼしなく登録できますが、お財布から出したお金は口座の取引履歴には載っていませんからね

 

現金取引についてはレシートを見ながら手で入力していくことになります。

 

やよいの青色申告オンラインでは手入力をかんたんに行える「かんたん取引入力」という機能があり、僕はこれで登録しました。

入力必須なのは、取引日/科目/取引手段/金額だけで、必要に応じて摘要(メモ)や取引先も登録します。

 

で、この入力を行うと実は裏側で仕訳入力が出来上がっています。こんな風に↓

簿記の知識がなくても帳簿が出来上がるというのはこのおかげです。

 

したがって僕らは淡々とレシートに書かれている内容を入力していけばいいわけですね♪

 

アフィ子
でも毎回文字を入力していくのってかなり大変じゃないですか?
さとやん
かんたん取引入力にはいくつかの入力補助機能があって、それを活用すると比較的スムーズに入力していけるんだ。

 

ここで、かんたん取引入力に用意されている3種類の入力補助機能がかなり使えていい感じだったので紹介しておきます。

 

手入力は基本的に面倒ですが、これらの機能のおかげでスムーズに登録が行えました☆

 

➀入力候補が表示される

過去に入力した単語が表示されます。例えば「サーバー」と入力するとこんな風に。

 

➁似ている取引を続けて登録できる

通常、登録を行うと入力フォームは一度クリアされます。でも同じような取引ならまた最初からすべて入力するのは面倒ですよね。

そんなときはこのチェックを入れると、登録後も入力した内容がそのまま残ります。

同じ入力をしなくていいので登録作業がはかどります♪

 

➂取引を「よく使う取引」に登録して後から再入力できる

以前登録した取引をもう一回登録したい場合があります。

②の機能は一度画面を閉じてしまうと連続登録はできなくなってしまいますが、➂はデータを覚えていてくれます。

「よく使う取引」に登録しておくことで、使いたいときにいつでも入力内容を再現してくれるわけです。これもかなり便利ですよね♪

以上、3種類が登録補助の代表的な機能です。

入力補助機能についてはよく考えられていて、実際に使ってみた感触もすごく便利に感じました。

 

僕の場合、コメダのレシートが大量にあったので➁の機能でサクサク登録することができて助かりましたよ♪

 

さとやん
このあたり「手入力の面倒くささ」をよく理解しているなーと感じましたよ☆

 

でも人によってはこういった補助機能がうざいと感じる人もいるみたいです。

 

アフィ子
え、何でですか??

 

というのも、入力途中で候補となる単語の検索処理が動くため、動作がほんのわずかに重くなるんですよね。

 

さとやん
僕はそれほど気にならなかったけど、細かい人は気になるかも。

 

アフィ子
でも補助なしで全部手入力していく方が絶対時間がかかりますよね。

 

入力補助について特に不満点はありませんでしたが、それとは別に僕がひとつ大きく不満に感じたことがあります。

 

それは、取引の一括置換機能が用意されていないということ。これは結構イタイと感じました・・・。

 

例えば、何百もある取引を一括で修正したい場合があったとします。(科目やメモを直したい場合など)

 

かんたん取引入力には検索機能がついているので、絞り込みを行うことはできます。でも、それを一括で変更することができないのです。

 

検索と置換はセットで用意しておいてほしいです。ここは残念なところ。ここは少しマイナスポイントです。。

レポート機能の感想|帳簿の矛盾を判断できて〇

入力が一通り終わったら取引に矛盾が生じていないかを確認します。

 

これはレポート機能のひとつである「残高試算表」というものを使って確認するようです(⇒解説サイトの流れのままにやってます・・・)

 

例えば明らかにおかしいのは「現金」がマイナス(赤色)になっている場合。

お財布の中は空にはなってもマイナスの金額が入っていることはありませんよね。

 

こういった矛盾が生じている場合、画面上のマイナス金額をクリックすると「かんたん取引入力画面」に飛び、なおかつ「現金」で絞り込まれた状態で表示されます。

 

なので、すぐにそこから矛盾点のチェックを行えるようになっています。

 

僕も最初に入力し終えた時はいくつか矛盾点があって残高試算表を見ながら修正を行いました。

 

ちなみにレポート機能は他にも様々なものが用意されています。

 

損益レポートは月ごとの自分の収支が視覚的に見れて参考になりますし、科目別損益レポートは出費が多い科目、収益に貢献している科目などを分析できます。

=>レポート表示の詳細はこちら

 

1年間の収支を振り返る際に役立つツールが揃っている感じですね。

確定申告書類の作成の感想|ナビゲートと文言ヘルプがナイス!

チェックが一通り済んだところでようやく確定申告書を作成していきます。

 

作成するのは以下2つ。こちらは提出必須の書類です。

・確定申告書B(1枚)

・青色申告決算書(最大4枚)

 

このほかに、自動的に2種類の別紙も自動で作成してくれます。

・総勘定元帳

・仕訳帳

 

書類の作成はこんな風にナビゲーション画面から入力していきます。初期設定とは違い、少し難しい言葉が出てきます。

 

ただ、よくわからない単語や入力に迷うような箇所にはちゃんとヘルプが用意してくれてあります。

 

「?」をクリックすることで詳しい説明が開くので、それを読みながら入力していきました。

 

 

さとやん
まぁ、それでもわからない場合もあったのですが、それはネットで調べながらやりました。

 

やよいの青色申告オンラインの「サポート」の感想・レビュー

ではここからはサポートに関する感想・レビューを紹介していきます!

 

最初に結論から言ってしまうと、サポート付きのベーシックプランにしてマジでよかったと思っています(^^;

 

やっぱり会計知識ゼロでの青色申告はやはり厳しいです。

 

ソフトの流れに沿っていけばおおかたはできるものの、細かい箇所がひっかかったままなんですよね。

 

もちろんネット上には言葉の説明・仕訳の情報がたくさんあります。

 

でも

「自分の場合はどうなんだろう・・・」

とか

「このシチュエーションだったらどうなるんだろう」

みたいな懸念が消えません。

 

そんなとき、リアルタイムにボタン一つでサポートの方と連絡ができる環境というのはめちゃくちゃ心強いものでした(^^♪

 

こんな風に画面右下にボタンがあって、すぐにチャットを繋ぐことができます。

 

「チャットで相談する」をクリックすると5秒くらいですぐにつながりました!これがいつでも使えるのはかなり心強い!

 

あらためて振り返ってみると、サポートなしで書類作成完了まではこぎつけなかったと思います。

 

いや、やれることはやれますが、間違いだらけの状態だったんじゃないかと・・・(^^;

=>やよいの青色申告オンラインへ

サポートの種類は3種類

やよいの青色申告オンラインは「ベーシックプラン」と「トータルプラン」のみ3種類のサポートがついています。(セルフプランはサポートがついていません)

 

サポートの種類や時間帯に差はなく、あるのは質問できる範囲です。

(ベーシックは「ソフトの使い方」、トータルプランは「業務相談」も可能)

 

■メール

受付:24時間

返信:17:30までなら当日、17:30以降は翌日

 

■チャット

受付:平日(09:30~12:00、13:00~18:30)、土日祝(09:30~12:00、13:00~17:30)

返信:即時

 

■電話

受付:平日のみ(09:00~12:00、13:00~17:30)

返信:即時

 

弥生のサポートについての詳細こちらに記載があります。

チャットサポートには大満足!

今回僕が利用したのはチャットサポートのみでした。

 

理由は、

◆メール

⇒返信がリアルタイムじゃない

 

◆電話

⇒混雑でつながらない可能性あり

⇒電話代がかかる

⇒会話の記録が残らない

といった理由からです。

 

チャットなら即時やり取りだし電話ほど混雑しません。

また、チャット機能にはやり取りした内容をメール送信する機能がついています。

こんな風に↓

 

赤字が僕、青字がサポートの方です。やり取りの内容が色分けされていて見やすいですよね。

 

また、サポートの方の説明は具体的かつ明快なので安心して作業を進めることができました!

 

あとよかったところは、僕が少しイレギュラーな質問をした際に「しばらくお待ちください」と時間をとって調べてくれるところ。(1、2分くらい)

 

おそらくマニュアルの確認か上司の指示を仰いていたのでしょうか。

 

ちょっと待ちますが、この「しっかり調べてくれている感じ」に好感が持てました(^^♪

業務相談にもかなり乗ってもらえた!

原則ベーシックプランでは操作の説明のみ、というルールになっています。

 

要は、質問していいのはこんな感じのものだけです↓

登録操作でエラーが出てしまうのですが・・・

集計結果を確認するにはどうすればいいですか?

確定申告の操作をやり直すことはできますか?

 

でも僕の場合、

コンサル代金をローンで組んでおりまして。それは事業開始前の話なのですが負債として登録すればいいですか?

とか

銀行から銀行への移し替えの際、個人用に〇〇万引き抜いた上で別銀行に預け入れした場合、どんな仕訳にすればいいですか?

みたいな質問をガンガン聞いてしまいました(^^;

 

にもかかわらず、特に何か言われることもなく即時返答してくれたのは本当にありがたかったです。

 

ちなみに今回の確定申告では5回チャットを利用しましたが、5人のサポートの方全員が親切に対応してくださいました。

(サポートの方、その節は本当にお世話になりました・・・!)

 

というわけで使ったのはチャットのみでしたが、サポート対応の感想は100点満点!信頼できるサポート体制だと考えて大丈夫です。

 

ただし、質問の仕方をしっかりと考えてから利用を開始しないと、やり取りがかみ合わなくなって不毛な時間になってしまう可能性があります。

 

チャット利用する際は事前準備が必要ですね。

 

=>やよいの青色申告オンラインへ

やよいの青色申告オンラインのレビューまとめ

ということで、ここまでやよいの青色申告オンラインの感想・レビューをお伝えしてきました。

 

トータル評価でいえば十分合格レベルといっていいです。僕は間違いなく来年もお世話になると思います。

 

プランについていえば、

初めて青色申告する方は安全にベーシックプランを強くおすすめします。

とにかく安心です。

 

過去に青色の経験がある方はセルフプランでもいいかなと。

プランの変更はいつでもできるので、セルフで試して難しそうならベーシックに切り替えることも可能です。

(その場合は差分の金額を一括支払いになります)

 

そしてトータルプランについてですが、ぶっちゃけこれは必要はないかなーと思っています(^^;

 

ベーシックプランで十分サポートを受けられますし、よほど込み入った業務相談をしない限り不要ではないかと。

 

以上、やよいの青色申告オンラインのレビュー記事でした。

参考になれば幸いです☆

 

=>やよいの青色申告オンラインへ

最強テーマ「THOR(トール)」 

圧倒的な機能・速度、そしてデザイン。

20種類以上のテーマを使ってきて

ようやくこのここに落ち着きました。

本気で稼ぎたい人だけクリックして下さい

詳しく見てみる

今なら大好評の完全動画マニュアル
お付けしてします!